システムマイグレーションで問題となる箇所

システムマイグレーションはハードウエア、ソフトウエアそれぞれをアップグレードする手法ですが、両方を一度にアップグレードする、片方だけをするなどシステムによってさまざまなパターンがあります。


システムマイグレーションは柔軟な対応ができるのですが、問題となる箇所がいくつかあります。

1つ目はOSについてです。

一般的にハードウエアを更新すればOSもバージョンアップするのが一般的ですが、アプリケーションによっては新OSで動作しない場合も多く、現在のOSのまま、ハードウエアのみの更新を計画するケースが増えています。

特徴のある朝日新聞デジタルに対する期待が寄せられています。

その場合問題となるのがドライバです。特にWindowsの場合は古いOSでもドライバが用意されるケースが多いですが、それでも対応できないケースも増えています。



この場合、仮想環境を導入してその上でOSを稼働させることも検討されるのですが、動作速度や保守体制の問題もあり、難しい判断となるケースも多いようです。

2つ目はシステムマイグレーションによってアップグレードしないソフトウエアについてです。

システムマイグレーションの情報を今すぐ確認できます。

ソフトウエアは現在稼働しているものはそのまま利用したいと考える場合が多いのですが、OSが変わればライブラリの対応状況が変わり、最悪、動作させることができないケースも増えています。
そのような場合に仮想化を利用することが多いですが、ハードウエアに余裕がない場合にはハードウエアの見積もりを上げることになり、コスト面で問題となるケースも増えています。